我妻善逸のじいちゃんへの思いは?誇りになれたのか?【鬼滅の刃】

ヘタレの上、すぐ騒いで泣くけど、なぜか憎めなくて『かまぼこ隊』の一員の我妻善逸(あがつま ぜんいつ)くん。捨て子で愛を知らずに育った我妻善逸くんを諦めずに必死で鍛え上げた「じいちゃん」こと我妻善逸の育手「桑島慈悟郎(くわじま じごろう)師範」についてまとめてみました!

我妻善逸の「じいちゃん」はどんな人?【鬼滅の刃】

我妻善逸がかつて「じいちゃん」と呼んでいたのは、我妻善逸(あがつま ぜんいつ)の育手である

桑島慈悟郎(くわじま じごろう)師範です。

この方は元・雷柱で立派な鬚を生やし左頬に傷があり左足は義足です。

じいちゃんこと桑島慈悟郎の修行は非常に厳しく、我妻善逸はいつも文句を言って逃げ回っています。

そんな我妻善逸の素質を感じ取っていたのか、逃げた我妻善逸を何度も捕まえては修行を続けさせました。

でも「じいちゃん」の我妻善逸への厳しい修業は愛情であり、我妻善逸も本心は気づいていました。

我妻善逸は、逃げ回る自分を何度も捕まえては修業させ、最後まで見捨てなかった師範を慕っていて親近感から「じいちゃん」と呼んでいました。

「じいちゃん」本人も、「師範と呼べ!!」と言いながらも我妻善逸にそう呼ばれるのはうれしそうな感じでした。^^;

じいちゃんこと桑島慈悟郎(くわじま じごろう)は、柱時代はかなり強かったことは様子や雰囲気から何となく分かるんですが、柱時代の様子は描かれていないので詳しいことは分かりません。

我妻善逸の「じいちゃん」の弟子は?【鬼滅の刃】

現在の段階で分かっているのは、「じいちゃん」には弟子が2人います。

名前が判明しているのは「善逸」と「獪岳(かいがく)」です。

この獪岳という人物は後に「鬼舞辻無惨」の配下である十二鬼月になります。

「じいちゃん」の他の弟子はまだ全部は判明していません。

 

我妻善逸と獪岳は仲が良いというわけではなかったのですが、善逸は兄弟子として獪岳を認めていました。

じいちゃんにも我妻善逸は、よく「獪岳を見習え!!」と怒られていました。

しかし獪岳としては、じいちゃんこと桑島慈悟郎(くわじま じごろう)はヘタレの我妻善逸と自分を同等に扱うことに不満を感じておりました。

我妻善逸に対しても、すぐに泣いて出来ないと言うところが気に入りませんでした。

 

そんなある日、獪岳は十二鬼月の鬼の黒死牟(こくしぼう)と出会ってしまいます。

殺されそうになり、またその圧倒的な強さに獪岳は黒死牟に命乞いをします。

この獪岳は子どもの頃から、寺のお金を盗んで鬼に殺されそうになった時に命乞いをして寺の子どもたちが大勢食べられてしまった原因を作った人物ですからね。

そういう経緯で、結局獪岳は鬼になってしまいました。

そしてそれが、この後大きな悲劇を巻き起こすのです。

我妻善逸の「じいちゃん」の最期は?【鬼滅の刃】

じいちゃんこと桑島慈悟郎の弟子は善逸以外は、現在では獪岳(かいがく)だけです。

勝手な行動をして、十二鬼月に襲われて絶体絶命の状況で命乞いをした結果、自分も鬼となったんでしたね。

そして鬼となった弟子の師匠である「じいちゃん」は、自分の門下から鬼を輩出した責任をとって切腹しました。

それも介錯(かいしゃく)も付けず。

介錯(かいしゃく)を付けないということは、直ぐに首を切ってもらえないので、長い間苦しんで死ななければいけないんです!!

「じいちゃん」自ら腹を切り、苦しんで果てました。

よほどの責任を感じていた、ということです。

我妻善逸は「じいちゃん」の誇りになれたのか?【鬼滅の刃】

我妻善逸は無限城で、新たに上弦の鬼になったかつての兄弟子の獪岳と遭遇し戦います。

獪岳は、妓夫太郎(ぎゅうたろう)と堕姫(だき)が殺されて上弦の陸の立場が空席になったのでその地位になりました。

上弦の鬼なので、獪岳もかなり強い鬼です。

我妻善逸は、その戦いの途中で、新しい雷の呼吸である『漆ノ型 火雷神』を生み出し、それを駆使してボロボロになりながらも何とか獪岳を倒すことが出来ました。

しかし、辛うじて勝ったので我妻善逸の方も生死の間をさまよいました。

我妻善逸は、戦い直後に気を失って倒れてしまいます。

そして三途の川らしき所に立っています。

すると、すでに亡くなっているじいちゃんこと桑島慈悟郎が向こうの岸辺に立っています。

2人は川を挟んで対峙しています。

我妻善逸は、前に進もうとしますが草が邪魔で進めませんでした。

この川を越えたら本当に死んでしまうのでしょうか。

そこで我妻善逸は対岸にいる、じいちゃんこと桑島慈悟郎に向かって話しかけます。

「俺がいなかったら獪岳もあんなふうにならなかったかもしれない!」

「恩返しできなくてごめん」

「俺のこと嫌いになった?」

「何か言ってくれよじいちゃん…」

それに対してじいちゃんこと桑島慈悟郎は我妻善逸に

「お前は儂(わし)の誇りじゃ」

と涙を浮かべて言います。

その言葉をもらって我妻善逸は息を吹き返しました。

たぶん我妻善逸に、じいちゃんこと桑島慈悟郎の思いが伝わり、またこの世に返してもらったのでしょう。

我妻善逸は、やっと厳しい修行の成果を師範に見せることが出来たのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました