ねずこ(禰豆子)の声優が気になりますね!【鬼滅の刃】

鬼滅の刃
鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用

2019年4月よりテレビアニメとして放送された漫画【鬼滅の刃】。竈門禰豆子(かまど ねずこ)は、主人公の少年である竈門炭治郎(かまど たんじろう)の妹でありヒロイン。炭治郎が出掛けている夜、家が鬼に襲撃された際、傷口から鬼の血が入り込んだことにより鬼へと変貌する。人肉を喰らわずにはいられない鬼としての飢餓欲求を抑え込み、敵から兄や他者を守るためにその力を振るって活躍します。そんな竈門禰豆子役を担当する鬼頭明里さんについてご紹介します。
また『ebookjapan』には「楽読み」というプラウザで読める無料サービスがあります。データ容量を気にすることなく、中には丸ごと1冊無料で読めるものもありますのでお得に読みたい方にはオススメです!

かまどねずこ(竈門禰豆子)の声優・鬼頭明里はどんな人?【鬼滅の刃】

鬼頭明里(きとう あかり)さんは、プロ・フィットに所属する女性声優です。

1994年10月16日生まれの24歳(2018年11月現在)で、愛知県の出身です。

身長153cm、血液型はB型。絵を描くことと歌うことを趣味として、特に絵に関しては『Re:ステージ!』のキャラクターデザインとイラストを担当する和泉つばすさんから上手いと評されるほどの腕前だそうです。

高校を卒業した後に上京し、プロ・フィット声優養成所に入所。

2015年から現事務所のプロ・フィットの所属となり、少女役や、少年役や大人の女性役まで幅広く演じています。

声優としての仕事以外にも、鬼頭明里のソレナンデス!?などのラジオ番組にてパーソナリティーも担当。

そんな経歴のある鬼頭明里さんが今回担当するのは、

大人気漫画【鬼滅の刃】の主人公である竈門炭治郎(かまど たんじろう)の妹の竈門禰豆子(かまど ねずこ)役。この物語のヒロインです!

竈門禰豆子(かまど ねずこ)は他の家族同様に、鬼に襲われてしまうもかろうじて生存します。

しかし、傷口から入った鬼の血のせいで鬼へと変貌する。

しかし鬼として人間を喰うことを極限まで抑え込み、敵から炭治郎や他の人間を守るように動き、一緒に鬼と戦っていく。

竈門禰豆子(かまど ねずこ)は鬼となる前は家族思いの優しい少女だった。

竈門禰豆子(かまど ねずこ)は本当に可愛いんですよね、仕草も声も。

当然ヒロインと言っても問題ないレベルですよね^^

竈門禰豆子(かまど ねずこ)は鬼になる前は、極普通の女の子だったんですが、鬼になってからは、言葉を喋れなくなっていますので「むー!」とか「ふごふご(口に竹を噛まされているので)」などのセリフとは言えないようなものばかりになるので、それを可愛くそして上手く思いを伝えるのは難しい役どころになりますよね。

また、竈門禰豆子(かまど ねずこ)は兄の炭治郎がとても好きで、炭治郎に頭をグイグイ押し付けて撫でろアピールしてきたり、手をつなごうとしたり憎めないペット感覚の可愛さがありますよね。

でも鬼と戦う時は、むちゃくちゃ強い存在に変身します。

ここら辺の竈門禰豆子(かまど ねずこ)の雰囲気も上手く出さなければいけませんね。

今回は異色のキャラクターなのできっと役幅が広がるきっかけの配役になりそうですね。

かまどねずこ(竈門禰豆子)【鬼滅の刃】のヒロインの紹介!

鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用

舞台は大正時代。

主人公の竈門炭治郎(かまど たんじろう)は、亡き父親の跡を継ぎ、炭焼きをして家族の暮らしを支え貧しいながらも幸せに暮らしていた。

ある年の暮れ、町へ炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。

唯一、一命をとりとめていた妹・禰豆子(ねずこ)を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。

しかしその途中、鬼になった禰豆子(ねずこ)は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。

そこに現れたのが冨岡義勇と名乗る剣士(鬼殺隊の柱)だった。

鬼に豹変した妹・禰豆子(ねずこ)を殺そうとする冨岡義勇から禰豆子(ねずこ)を必死で守ろうとする炭治郎、そして兄・炭治郎を守ろうとする禰豆子(ねずこ)を見た冨岡義勇は禰豆子(ねずこ)を殺すことを止める。

また炭治郎の身体能力を見抜いた冨岡義勇は鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)に文を送り、炭冶郎と禰豆子(ねずこ)のことを頼む。

その後、炭冶郎は禰豆子(ねずこ)を人間に戻す方法を探しながら、鬼を倒すための剣術を学ぶため、鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)の元を訪れ“鬼殺隊”に入隊すべく日々修行を積む。

禰豆子(ねずこ)は、炭冶郎が鬼殺隊入隊後は兄と共に鬼と戦っていく。

タイトルとURLをコピーしました