【鬼滅の刃】伊黒はなぜ包帯をしているの?衝撃の過去が原因?!

鬼殺隊の『柱』の1人伊黒小芭内(いぐろおばない)は、なぜいつも口元に包帯をしているのでしょうか。何かを隠しているように感じませんか?このことをリサーチしていくと想像以上に衝撃的な過去が判明しました。今回はその理由をお伝えします。

【鬼滅の刃】伊黒の衝撃的な生い立ち

伊黒は、盗賊をして生活している一族に生まれます。

この一族は女ばかりが生まれる家系で、伊黒はなんと370年ぶりに生まれた男子でした。

子どもの頃は座敷牢に軟禁されたように育ちますが、なぜか親族からはすごく優しくされ、食事もたくさん提供され何不自由なく育ちました。

しかし12歳になった時、突如座敷牢から豪華な部屋に移されます。

そしてそこに女の蛇鬼がいました。

伊黒の一族は、女の蛇鬼と結託して盗賊して生活していたのです。

伊黒が生まれた時、珍しい目をしていたので女の蛇鬼に気に入られ、食べられる量が増えるまで育てられました。

しかし、蛇女が自分と伊黒の口の形を揃えたい、という異常な理由のために蛇女の命令の元、口元を割かれてしまいます。。

実は、その傷を隠すために口元に包帯を巻いていたんですね!!

 

鬼に食われるために、軟禁され続ける伊黒。

伊黒がホッとできるのは、牢にたまたま迷い込んできて鏑丸(かぶらまる)と伊黒が名付けた蛇だけでした。

ここから逃げ出して生き続けたかった伊黒は、逃亡を決意します。

そこで盗んだ簪(かんざし)で牢の格子を時間をかけて削っていき、なんとか牢から脱出することが出来ます。

しかし途中で蛇女に見つかってしまいますが、その当時の炎柱によって救出され、女の蛇鬼と結託する一族からも逃げだすことができたのでした。

その後、伊黒は炎柱のはからいで女の蛇鬼から生き残った、いとこと再会します。

しかしそのいとこから聞いたことは「(伊黒が)逃げたせいで身内の50人が死んだ」と。

 

衝撃的な話だが、よく考えてみると何の正当性も無い話です。

しかし伊黒の心は深い自責の念に駆られます。

その自責の念を前向きに捉えるためにも、伊黒は強い鬼狩りに成るべく精進し、柱の地位まで上り詰めます。

【鬼滅の刃】伊黒が思いを寄せる人とは?

伊黒は恋柱の甘露寺蜜璃のことが好きみたいですね。

伊黒は蜜璃に靴下をプレゼントしたり文通をしたりしています。

また、折々の言葉や他の隊員に対する態度を見れば一目瞭然ですね^^

そして恋愛感情は、徐々にというより一目惚れのようですね。

しかし伊黒は、顔に包帯を巻いている理由や、伊黒自身の出自が自称「汚れた一族」であることから、蜜璃の傍にいていいのか?と苦しんできました。

せめて、汚れた一族の血を浄化できるまで蜜璃に気持ちを伝えないと固く決めていました。

 

ところで蜜璃は他の隊員に「女性隊員の隊服はこれだ」とだまされ、露出が多めの服を支給されました。

しかし途中から騙されたことに気付きましたが、「(着ないのは)もったいない」とあえて着ていました。

しかしやはり気恥ずかしいものがあったようで、いつももじもじソワソワとしていたようです。

そんな蜜璃の様子を見ていた伊黒は、蜜璃に長靴下をプレゼントしました。

それから蜜璃は伊黒からもらった長靴下を着用するようになったみたいです。

 

伊黒のその行為は、恋心からなのか親心からなのか決定的な言葉はありません。

しかし何であれ、蜜璃に強い愛情を抱いているということは間違いないみたいですね。

【鬼滅の刃】伊黒の「曲がる太刀筋」

包帯と首の蛇がトレードマークの伊黒。

不思議なのは、伊黒の曲がる刀です。

普通は、刀を振り下ろした場合軌道は真っすぐです。

しかし伊黒の場合はその軌道がくねくねと曲がります。

しかしこの曲がる太刀筋により、障害物の隙間を縫っての攻撃が可能になってます。

更に狙った場所をより的確に攻撃出来ます。

この様子って何だか蛇みたいです。

伊黒の目となって働いている愛蛇の鏑丸みたいですね^^

タイトルとURLをコピーしました