【キングダム】渕(えん)さんは飛信隊の縁の下の力持ち!?

信たち飛信隊は山の民と協力して、成蟜から秦の王宮と王権を見事に取り戻します。

その功績して昌文君から、土地や家をもらいます。

しかし何といっても嬉しかったのは、天下の大将軍に近づくための格上げとして下僕から平民となりました。

そしてその僅か3か月後には、蛇甘平原に初陣します。

この戦では、信には5人の仲間が加わります。

その仲間とは、信と漂の同郷だった尾平、尾到、羌瘣、そして伍長の澤圭です。

この戦いでさらに信たちは武功を上げて、五人部隊から一気に100人の兵を扱う100人部隊となります。

なんと信は急速に、百人将となったのです。

そして馬陽攻防編では、さらに新たな仲間が加わります。

その仲間は、後に飛信隊の副長を務める渕(えん)さんです。

以外にも、口の悪い信は渕さんを始めから呼び捨てせず『さん付け』で呼んでいます。

例えば、澤さんは伍長を務めているし、信に戦い方を教えた人物なので、澤さんと呼んでいます。

しかし渕(えん)さんは、澤さんとは違い当初は武力も戦術も持ち合わせていませんでした。

ですが、信と共に戦っていく中で信や他の仲間たちにとって無くてはならない存在になっていきます。

今回は、そんな渕(えん)さんについてご紹介します。

【キングダム】渕(えん)副長は飛信隊の縁(えん)の下の力持ち?

6大将軍の1人である王騎将軍に、信の部隊が認められて『飛信隊』の名を頂きます。

この飛信隊の特徴の1つには、副長が2人います。

1人は、初陣から信の仲間に入った、羌瘣(きょうかい)です。

羌瘣は1人で敵を無双する力量を見込んで、信は羌瘣(きょうかい)を副長にしています。

2人目の副長は、渕(えん)さんです。

渕(えん)さんの副長としての力量を見せたのは、王騎将軍が死んだ戦の馬陽攻防編です。

王騎将軍は、敵の戦力を弱める為に、信に超軍の大将である馮忌(ふうき)の首を取れと命じました。

馮忌は、知力に長けている武将なので、先に潰しておきたいという王騎将軍の考えでした。

 

しかし飛信隊は、まだ結成されたばかりの部隊です。

まして智将である馮忌の部隊に近づくのは、決して容易い事ではありません。

そこで渕(えん)さんが知恵を絞って、馮忌の首を取る部隊と、おとりになる部隊とに分散して戦う事を思いつきます

渕(えん)さんは、信に馮忌の首を取るように伝えます。

そして渕さんは、敵の目を引き付けて引き寄せる為のおとりの部隊に残ると信に伝えます

渕(えん)さんが、おとりの部隊に残った理由は、このおとりの部隊で戦う兵士達にも指示を出す将が必要だと考えたからです。

しかし、おとりになるという事は大変危険なことだと分かっていながら、自分たちがおとりの役をすると名乗り出るなんて、渕(えん)さんは度胸も座っていますね。

【キングダム】渕(えん)さんは元々はただの連絡係だった?

馬陽攻防戦で、飛信隊の副長としての技量を見せた渕(えん)さん。

頭の回転が早く身分も悪くないので、飛信隊の副長になったと思われている人も多いと思います。

しかし過去を見てみると、渕(えん)さんの最初の役職は、壁(へき)が信に王宮や嬴政(えいせい)の危険を伝える為の連絡係でした。

この時の渕(えん)さんの姿は澤さんと同様に、弱そうな雰囲気でした。

この時点では渕(えん)さんは、いずれ自分が部隊の副長になるとは思っていなかったと思います。

たぶん連絡係レベルの仕事をずっとしていくぐらいに、思っていたのではないでしょうか。

【キングダム】渕(えん)さんの長所と短所を経緯から見てみました!

これから、渕(えん)さんが連絡係から飛信隊の副長になるまでの経緯をお伝えします。

 

信は、ある朝早く渕(えん)さんの家に行き、渕(えん)さんにある場所に連れていって欲しいと頼みます。

この時の渕(えん)さんは、信の頼み事ということなので何か嫌な予感がしていました。

実際に信の頼み事の内容を聞くと、やはり渕(えん)さんの嫌な予感は的中していました。

信の頼み事の内容は、伝説の六大将軍の1人である王騎将軍の城に連れて行って欲しいという事でした。

なぜ信は、王騎将軍の所に行きたいのか?

それは、信の『天下の大将軍になる』という夢を叶えるには、王騎将軍に修業をつけてもらいたい!!ということでした。

そして渕(えん)さんが王騎将軍の城に行きたくなかった理由は、王騎将軍の城に行くと必ず行方不明者が出ると言われていたからです。

 

そもそも渕(えん)さんには、2人の子どもがいて養っていかなければならないのです。

なおさら王騎将軍の城に行くということは、最悪の場合は死も有り得ます。

しかし信に大金を貰い、仕方なく信を王騎将軍の城に連れて行きます。

しかし渕(えん)さんとしては、助かる道はあります。

城に着いて、信をおいて渕(えん)さんだけ帰ればいいのです。

 

しかし渕(えん)さんは、どうしてなのか信と一緒に、王騎将軍が遠征から戻ってくるまで待ちます。

そしてここから、渕(えん)さんの人生が変わっていきます。

 

遠征から帰ってきた王騎将軍に会い、信と渕(えん)さんは王騎将軍の馬車に乗ります。

信は、このまますぐに王騎将軍に修業をつけてもらえると期待していました。

しかし王騎将軍は、信に「嫌です!」と言い信を蹴飛ばし峪へと落とします。

 

信が落ちた場所は、秦に見放されていた無法地帯でした。

 

そもそも王騎将軍は、信が大将軍になる素質がある事を見抜いていました。

その素質がどこまであるのか?を知りたいと思い、信を無法地帯に突き落としました。

 

その落とされた無法地帯には、老人や子どもや女性しかいませんでした。

そして昼夜荒くれ達が襲ってくる村でもありました。

王騎将軍は、信に無法地帯をまず平定して見せろと命じたということです。

この村にも兵はいますが最弱と呼ばれていて、その兵には老人と女性しか居なくて、荒くれ達に立ち向かう力もほとんど無かったのです。

そもそも信は、刀は王騎将軍に取り上げられていて、戦う準備も武器も何もありませんでした。

 

そして王騎将軍は渕(えん)さんに、「平定が終わったら修業をつけてやる」と信に伝えろと言います。

渕(えん)さんは、信の連絡係なので、王騎将軍の伝言を伝えに信の所に行きます。

この時、無法地帯の村人に「あなたは誰?」と聞かれ、渕(えん)さんは思わず「信の副官だ!」と言います。

その状況で、ただの連絡係だと言うと状況的に良くないと渕(えん)さんは判断したのだと思います。

でもどこかに、信に憧れを感じていたのかもしれませんね。

信は、無法地帯の村の兵と力を合わせて、荒くれ達を倒していき、村の平定に成功します。

 

この経緯から考えられる渕(えん)さんの長所は。

それは、何といっても粘り強さです。

自ら死地に残って、副将の意識でヤリを振って戦う渕(えん)さんには、飛信隊の他のメンバーにはない『粘り強さ』と『信への信頼と強い憧れ』があると思います。

 

ただ愚直に信を信じて付いていく!

渕(えん)さんの、このどんな状況でも怯むことのない、渕(えん)さんの立ち居振る舞いや言葉に兵たちは安心し、どれだけ苦しい状況でも崩れることなく戦えるのだと思います。

今までも、この逆境に強い渕(えん)さんに何度も救われてきた飛信隊の兵士たち。

ただ渕(えん)さんの本領が発揮されるのは、主に苦しい状況の時だけのようです。

それにこの力量は、苦境を巻き返すようなものではなく、いわば時間稼ぎのようなものです。

ですから『攻撃力』という面で見た場合、渕(えん)さんの力量はそれほどではなかったかもしれません。

【キングダム】『渕(えん)さん』まとめ

信の強い思いに強引に付き合わされ、成り行きから飛信隊の副長になった渕(えん)さん。

その後、思わぬ大出世して1000人の兵を抱える千人将になります。

この後の戦いでも、渕(えん)さんは部下に慕われた隊長として活躍していきそうですね。

しかし、これで渕(えん)さんの登場がなくなるなんて寂しいですね。

渕(えん)さんらしさを生かした飛信隊の活躍がみたいですね。

部隊が大きくなっていくと、どうしても個としての人間臭さよりも戦略重視に描かれていきます。

でも最初の力任せで荒削りな感じの方が、熱く盛り上がっていて見ていても楽しいですよね。

 

その一端を、また渕(えん)さんにも担って活躍してもらいたいですね。

タイトルとURLをコピーしました