【キングダム】美姫(びき)と呼ばれた政の母はどんな女性だった?

キングダムの秦王(秦の始皇帝)の生母である大后『趙姫』。本編では大后と呼ばれる美姫でした。今回はその美姫(びき)と呼ばれた大后『趙姫』についてお伝えします。

【キングダム】美姫(びき)は『邯鄲(かんたん)の宝石』と呼ばれる美女だった

かつての美姫(びき)こと趙姫である大后は政の実母にして、後宮の頂点に君臨する人物でした。

若い頃は傾国の美女と謳われ、政を産んで何年も経って秦国に帰国後も年を取らぬと言われるほど、いつまでも若く美しい容姿をしています。

かつては邯鄲の宝石と呼ばれた一流の舞姫であり、姿かたちは清純と気品に満ちた美貌に多くの貴族達は心を奪われていきました。

また、権力を持ち策士家である呂不韋と恋に落ち、彼の許嫁になります。

美姫(びき)こと趙姫は富と名誉を手に入れ、愛する呂不韋と至福の中にいました。

【キングダム】美姫(びき)が許嫁の呂不韋に利用される

呂不韋の許嫁であった美姫(びき)こと趙姫はある日突然、呂不韋から後の荘襄王になる子楚に嫁するよう命じられます。

そして子楚の子である政を身ごもります。

そして呂不韋は金をつぎこみ、子楚を王位に就かせ、秦の丞相の座を手に入れました。

つまり美姫(びき)こと趙姫は、呂不韋の出世のために利用されたということです。

【キングダム】美姫(びき)が子楚に捨てられ惨めな暮らしを余儀なくされる

美姫(びき)こと趙姫は呂不韋の裏切りに絶望したが、公子妃の座は得ます。

しかしその後、子楚と呂不韋が美姫(びき)こと趙姫と政を置いて秦へ脱出してしまいます。

そして美姫(びき)こと趙姫は、子楚が秦王になるまでの間、他国において凄惨な目に合いながら世を呪い体を売りつつ飢えをしのいで生きていきます。

その趙にいる間、趙国民から侮辱と虐待を受ける過酷な日々を送ることで、精神を崩壊させるほどの憎しみが生まれます。

そして、秦国の公子の子を生んだ女ということで、我が子である政に対しても憎しみを募らせます

【キングダム】美姫(びき)こと大后に送られた男娼嫪毐(ろうあい)

呂不韋は子楚こと荘襄王を『奇貨居くべし』と捉えて補佐する事にしました。

趙に派遣されていた時は冷遇されていた秦の公子だった子楚は、呂不韋が後ろ盾になってくれた事で華陽夫人の養子となり、その後秦王になる事が出来ました。

その時点で呂不韋の愛妾であった美姫(びき)こと趙姫を見た子楚は、自分の妻に欲しいと望みます。

これに対して呂不韋は不快に思いますが、熟慮の末、美姫(びき)こと趙姫を子楚に献上します。

その後、美姫(びき)こと趙姫が産んだのが後の秦の始皇帝である政です。

しかしその後、趙と秦との関係悪化で、荘襄王と美姫(びき)こと趙姫、政は10年程の別居の後、秦に迎えられ子楚は秦の王位に就き荘襄王になりますが、わずか3年で亡くなってしまいます。

美姫(びき)こと趙姫は後家になってしまい、欲求不満に陥ってしまいます。

しかし、美姫(びき)こと趙姫は秦王になった息子政の母親であり大后なので立場上的に尊厳を保たなければいけません。

それで、かつての許嫁であった呂不韋の元を訪れ密通を繰り返します。

しかし、このことが広がってしまえば呂不韋も失脚を免れませんので、美姫(びき)こと趙姫との関係を清算したいと思っていました。

そして呂不韋が趙姫との関係を清算するために送り込んだのが、嫪毐(ろうあい)という男です。

【キングダム】呂不韋、美姫(びき)こと大后に嫪毐を引き合わせる

呂不韋は、ある宴席で嫪毐(ろうあい)の存在を知ります。

嫪毐(ろうあい)は、男性の大事な部分を使い車の車輪を回す事が出来るという稀有な特技を持っていました。

呂不韋は嫪毐の股間が使い物になると判断して、趙姫の耳に入るように情報を流します。

ちなみに、史書には嫪毐が容姿が優れていたなどの表記はないので容姿は度外視で、趙姫の男なしではいられない所だけを見ての判断ですね。

呂不韋は若い頃から趙姫との付き合いもあったところから、趙姫の性格・男性の好み等をよく知り尽くしているので、そこからの判断だったと思われます。

【キングダム】美姫(びき)こと大后の元許嫁だった呂不韋の失脚

呂不韋は、保身のために趙姫に嫪毐(ろうあい)をあてがって難を逃れました。

しかし、嫪毐(ろうあい)と趙姫の傲慢な行為が行き過ぎ、その上嫪毐の乱も起こったため秦王である政の逆鱗に触れ嫪毐(ろうあい)は処刑されます。

しかし嫪毐が処刑されただけでは済まされませんでした。

呂不韋が後宮の趙姫に嫪毐を送り込んだ事も明るみになります。

これにより、ついに呂不韋までもが失脚してしまいます。

政もこの時には22歳になっていたので、呂不韋の助けはもう必要ないということもあったかもしれませんね。

政にしてみれば呂不韋は父親である荘襄王を王に据えた恩人です。

そのおかげで自分も王になれたわけですが、そもそも呂不韋が父を王に据えたのには理由が有りました。

荘襄王の高官になり、恩のある自分には逆らえないだろうから自分の意のままに出来るという打算です。

そして次代の自分の時には、むしろ王位を取って代わろうという呂不韋の気配が感じ取れていたのではないでしょうか。

だとしたら、呂不韋を失脚させるためには好都合の出来事だったと考えられます。

さらに嫪毐の乱により、秦王政は法治国家や中央集権国家を進めることになり、目の上のたんこぶが取れてすっきりと邁進することになりました

【キングダム】美姫(びき)こと趙姫は傾国の美女?

趙姫は美人と誉れ高いようですね。

男から見れば色っぽくて美しければ、かなり魅力的に見えるのではないでしょうか?

趙姫は書物では悪女として描かれる事もありますが、考えてみると魅力的な悪女のように思われます。

また置かれた状況から考えると、まっとうにしていたら生きていけなかった。

悪女になるしかなかったと言えると、思えてなりません。

可哀想であり強い女性です。

キングダムでは、趙姫に呂不韋は生涯惚れていたような話もあります。

趙姫はそれだけのものを持っていた女性だったのでしょう。

嫪毐との仲は事実婚状態でしたが、2人の子も成しているところから愛情のある仲だったのでしょう。

キングダム作者の原泰久先生は、一見不器用な嫪毐と悪女のような色っぽい趙姫を上手く表現しているように思いました。

政が生まれた頃と違って、状況が平穏になった時に授かった2人の子どもたちと共に幸せに過ごしていた趙姫は政が小さい頃とは違っていたと思います。

趙姫の心に変化が生まれる辺りは見どころだったと思います。

【キングダム】『嫪毐(ろうあい)の乱』とは?

嫪毐は自分の国まで作ってしまいます。

さらに嫪毐の野望のためか、趙姫が裏で糸を引いたのかは分かりませんが、秦王政を排除して秦を完全に手中に収めようという謀反の疑いもありました。

嫪毐と趙姫の子供を秦王につけたいという願いもだんだんと募っていったのかもしれません。

嫪毐は趙姫との関係が秦王政にバレてしまえば失脚するのは火を見るよりも明らかです。

そのため、意に反して先手を討って反乱を起こしたのかも知れません。

しかし嫪毐は戦略面では優れていなくて、緻密な作戦を立てる事が出来ませんでした。

結局、昌文君や昌平君によってすぐに鎮圧されてしまいました。

すぐに嫪毐は、捕らえられて処刑されています。

この時に、趙姫と嫪毐の間に生まれた2人の子供たちも処刑されました。

ただ趙姫だけは幽閉される事になりました。

キングダムにおいては、秦王政は密かに嫪毐と趙姫の子供を生かしたように描かれています。

しかし史実ではそういう記録は残っていません。

秦王政は女性が苦手なようなところも見受けられますので、趙姫が原因でそうなってしまった可能性もあります。

尚、キングダムでは趙高が嫪毐の乱に関係している事になっていますが、実際の書物にはそういう史実の記録はありません。

後に趙高は秦を腐敗させて悪影響を及ぼします。

キングダム読者としては「あの段階で殺しておくべきだった」とも考えられますが。

【キングダム】嫪国を建国した嫪毐の力は?

嫪毐は、趙姫に気に入られた事で確信を持ち野心を抱きます。

長信侯に封じられて自分の土地を持つことも出来ました。

その後、関中の外の太原郡に自身の名を冠した『嫪国』まで作ります。

さらに食客も多く抱えて、呂不韋に匹敵するだけの権力を徐々に嫪毐が持ち出しました。

当時の秦の大臣達は呂不韋に付くべきか、嫪毐に付くべきかで大いに揺れていたと言う話が残っています。

嫪毐は、秦王政の実母である趙姫との間に2人の子があります。

結婚していなくて子どももいない呂不韋と比べると将来的な展望も違います。

嫪毐はキングダムでは、巨根だけが取り柄の気の小さい男として描かれています。

しかし実際は、ある程度のイケメンで人望的なものもあったのかも知れません。

それゆえに、趙姫も家庭を築いたのかもしれません。

【キングダム】美姫(びき)こと大后が毐国(あいこく)で初めて得た心の安らぎ

美姫こと太后は毐国では心の安らぎを求めました。

それは、今までの境遇に他なりません。

今までは愛する男に他の男に嫁ぐように言われたり、嫁いだ先の男も周りの戦略から離れることになったりします。

そして、残された自分は周囲に侮辱と虐待にさらされるなど安住の場所など無かったのだと思われます。

それ故に毐国は、愛する男と愛する子供に囲まれる、自分の心の安らぎが得られる国であったと考えます。

【キングダム】自分の命より子どもたちの命を政に懇願

嫪毐の処刑の場に現れた美姫こと太后は、 己を先に処荊せよと政に食いかかります。

史実では、政はあくまで反乱首謀者としての断罪人は嫪毐だとし太后を退けます。

また太后は、嫪毐との間に産まれた2人の子の処遇について政に問いますが、それに対し政は二度とこのような反乱が起きぬよう国家の禍となる火種は完全に消しておかねばならないと太后に告げます。

太后は初めて政に対して涙ながらに頭を下げ、最初で最後の頼みだとして子どもたちの命だけはと懇願しましたが、政は断固としてそれを拒否します。

かつて政が小さい頃、美姫こと太后は困難な状況で我が子である政に酷く当たりました。

なのに異父兄弟である子どもたちには愛情を注いでいることも、政の心のどこかには許せないものがあったのかもしれませんね。

政の気持ちも分からなくもないです。

 

ただキングダムでは、

毐国の反乱鎮圧後は、その責任を一身に引き受けた嫪毐の貢献もあって、大后は雍に軟禁されながらも助命を許されます。

ただ、嫪毐と大后の間に出来た2人の子を失い、絶望の中泣き崩れていた大后のもとへ政はひとり訪れます。

生気もなく泣き疲れて眠る母の隣で政は語ります。

“2人の子は密かに城外に出して匿っており、いつか国内が落ち着いたら必ずや2人と引き合わせる”と告げます。

【キングダム】最後まで美姫(びき)こと大后をかばった嫪毒の愛

嫪毐は毐国造反の旗頭として祭り上げられてしまいます。

しかし、太后の心の中にある悲哀を見て取った時から太后のために忠誠を尽くし生きることを決意しました。

愚鈍ながらも、大后の男としての器量と風格を現します。

毐国の反乱鎮圧後、捕えられて車裂きの刑に処せられ一族もすべて誅殺されます。

しかし取り調べでは反乱をすべて自らの計画として太后を庇い通します。

最期まで太后への愛に殉じ、太后に今までの感謝を述べたのち、従容として刑に臨みます。

【キングダム】美姫(びき)こと大后の最期は?

嫪毐の乱後、趙姫は幽閉されました。

しかし時間の経過とともに秦王政の怒りの感情が薄れたのか幽閉を解除されています。

趙姫の最後ですが紀元前228年に死去したと記録に残っています。

秦が趙の幽穆王の寵臣である郭開を買収して李牧を殺し趙を滅ぼした年です。

ちなみに、秦王政は趙の首都である邯鄲を陥落させると、自ら邯鄲に乗り込んで行き、かつて自分が小さい頃過ごしていた頃に自分や趙姫に対して虐待をしていた連中に徹底的に復讐していきました。

秦王政が邯鄲の民を弾圧したのが先か、趙姫が死亡したのが先かは定かではありません。

しかし、もしまだこの時点で趙姫が生きていたら、これを見てどう思ったのか。

趙姫も呂不韋の妾から始まり始皇帝の母親になるわけですから激動の人生だったと言えるでしょう。

いずれにしても、秦王政と趙姫にとっては感慨深いものがあったであろうことは容易に想像できます。

【キングダム】まとめ

大后は生まれもっての絶世の美女であったがために、その美貌を男に利用され運命を翻弄された悲劇の女のように伝えられています。

しかし、人生後半には権力を得たことにより恵まれた生活を送り、愛する男と幸せな家庭を築き安らぎを味わったようですね。

キングダムにおいては、大后は最後の最後で息子の政との和解を得ていることで、過去のわだかまりが幾分和らいだのではないかと思います。

政もそれを望んでいたのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました