伊之助の素顔かっこいいですね!被り物をしている訳を考察してみました!

鬼滅の刃で通称『かまぼこ隊』で親しまれている3人組の1人嘴平伊之助。

幼少時より山で猪に育てられ、独自に編み出した『獣の呼吸』の使い手です。

俗世間から離れて育ち、動物相手に生きてきたため一般常識的な部分に欠け、粗暴な面もあります。また普段から猪の被り物をしています。しかし、その被り物の下の素顔は可愛いようです。

さて何故、伊之助はいつも被り物をしているのでしょうか。そしてその猪の被り物には何の意味があるのでしょうか。また可愛い素顔を何故隠しているのか等、気になるところを調べてみました。

伊之助の素顔が可愛い!

伊之助の素顔は、4巻の26話「素手喧嘩」で初めて明かされています。

鼓屋敷での戦いの後、屋敷から出た伊之助は、禰豆子が入っている箱から「鬼の気配がする」と箱に襲いかかろうとしました。

とっさに箱の前に善逸が立ちはだかります。

意味が分からず、伊之助は鬼が入っている箱を守ろうとする善逸を痛めつけ始めます。

無抵抗の善逸に刀を向けている伊之助に炭治郎は「隊員同士が徒に刀を抜くのは御法度だ」「一方的に痛めつけるのは卑劣」と激怒し、仲裁のつもりが喧嘩に発展してしまいます。

伊之助を落ち着かせようと、炭治郎の強烈な頭突きが伊之助のおでこに炸裂します。

石頭の炭治郎の強烈な頭突きを食らった伊之助はよろめき、猪の被り物が外れて地面に転がります。

炭治郎と善逸はこの時初めて伊之助の素顔を見ました。

伊之助の素顔を見た善逸の第一声は「体はムキムキしているのに、女の子みたいな顔が乗っかっていて気持ち悪い奴だな」と述べています。

実際伊之助の素顔は、鬼滅の刃に登場するキャラクターの中でも上位に入るくらいの美形です。

その証拠に、遊郭編で炭治郎・善逸・伊之助は変な濃い化粧を塗りたくられていましたが、それでも通りがかりの女将が伊之助を見染めて買いました。

伊之助は女将さんに化粧を落とされると、「どうよ、これ。変な風に顔を塗ったくられていたけど、すごい得したわ。こんな美形の子!」と周囲を驚かせています。

伊之助の過去のエピソード

伊之助の素顔が可愛い(かっこいい)ということは納得されましたか?

しかし、どうして伊之助はその可愛い顔を隠して猪の被り物をしているのでしょうか?

伊之助の生い立ちから振り返りながら、猪の頭の被り物を被るようになった訳を見ていきますね。

伊之助の両親

伊之助は27話で炭治郎達に俺には親も兄妹もいねぇと説明していました。

しかし、18巻の無限城での童磨との戦いの最中に、伊之助の被り物を奪い取って素顔を見た童磨が以前会ったことのある女性を思い出しました。

その女性が、伊之助の母・琴葉だったのです。

琴葉は15年間に、赤ちゃんだった伊之助を抱いて家を飛び出し、ボロボロの姿で童磨の「万世極楽教」に駆け込みました。

この時の琴葉は、日常的に夫から暴力を受けており、顔の原型も分からなくなるくらい腫れ上がり、片目が失明するほど悲惨な姿でした。

そんな琴葉を童磨は受け入れて、伊之助と共に保護しました。

後日、琴葉の旦那と姑が童磨の所に乗り込んできますが、「うるさい」と二人を殺し山に捨てています。

琴葉が家を飛び出した理由は、夫が泣いている伊之助を「うるさい」と乱暴に揺さぶったので、夫の手に噛みつき伊之助を抱いて家を飛び出したそうです。

琴葉は伊之助を愛し守っていたんですね。

伊之助と母との別れ

18巻の160話「重なる面影・蘇る記憶」で母親がいたのに猪に育てられた訳が明らかになります。

琴葉と伊之助は童磨の傍でしばらくの間平穏に暮らしていました。

琴葉はいつも伊之助に、子守歌として「指切りげんまん」の歌を歌っていました。

童磨も、琴葉親子がお気に入りで琴葉のことは死ぬまで食べないで傍に置いておくつもりだったと言っています。

しかし、ある日琴葉は童磨が信者を喰っている所を目撃してしまいます。

童磨の正体に気付いた琴葉は、伊之助を連れて童磨のもとから逃げ出しました。

その後を追いかけて来た童磨。

崖に追い詰められた琴葉は、伊之助だけでも助けようと願いを込めて伊之助を崖から落とします。

琴葉は、その後童摩に喰われて死んでしまいました。

これが伊之助と母・琴葉との別れでした。

伊之助は崖から落ちた後、母猪に拾われ育てられました。

伊之助はどうして鬼殺隊へ入隊したのか?

伊之助は炭治郎・善逸・カナヲ・玄弥と同期になります。

最終選別の時は誰よりも早く入山して鬼を倒して、誰よりも早く下山した五人目の合格者でした。

最終選別の合格者発表の時、「5人です」と産屋敷家の次期当主が言っていましたが、実際にはそこに4人しかいなかったのはそういう訳だったのですね。

また、一般的には最終選別に来る子達は、“育手”という元柱に鬼殺隊の隊員として戦えるように訓練されてから選別に行く許可をもらいます。

しかし、伊之助の場合は、たまたま通りかかった鬼殺隊員と力比べをして勝ち、隊員から刀を奪い、最終選別や鬼の存在を知り、力比べの目的で選別の会場に来たのです

ですから伊之助は、特別に鬼殺隊への入隊を認められたようです。

伊之助の一番の楽しみは「他の生き物との力比べ」と作中で炭治郎達に語っています。

実際、そうやって生きてきましたからね。

鬼殺隊に入る人たちのほとんどの目的は、自分の親や兄弟を鬼に喰われたため、鬼を倒す・復讐するために入ります。

そして育手の元で、血と汗握るような厳しい訓練を経て、鬼殺隊員になるために最終選別に向かいます。

今までの伊之助は、山の動物たちと力比べをしていましたが、戦う相手がいなくなってしまい、また育ての親の母猪も亡くなり育った山から下山しました。

その時に偶然鬼殺隊員と出会い鬼の存在を知り、今度は鬼と力比べをしたいという興味が出たのではないでしょうか。

伊之助が被り物をしている訳は?

伊之助と言ったら“猪の被り物”ですね。

伊之助が被っている猪の被り物には何の意味があるのでしょうか?

伊之助が被っている猪の毛皮は、赤ちゃんだった伊之助を拾って育ててくれた母猪」の毛皮であることが鬼滅の刃のファンブックで明かになっています。

自分を育ててくれた母猪の毛皮を、親の形見として大切に肌身離さず被っていたようですね。

伊之助は普段から猪の毛皮を被っていますが、寝る時も被って寝ています。

その行為から、伊之助がこの猪の毛皮を大切にしていることが分かりますね。

また、伊之助は自身のことを『山の王』と言っていますが、育ての母猪は『山の主』だったことが後に明かされています。

それで、伊之助は『山の主』の跡継ぎとして『山の王』と自称しているのではないでしょうか。

母猪の形見を身に付けることで『山の主』を受け継ぎ『山の王』としてのプライドや母猪を尊敬しているとしたら律儀な人ですね。

ただ人間としての自分の容姿に関しては、まったく気にしていなかったと思います。

人間の中で生きて来たわけではないので、人との比較の気持ちはないですよね。

タイトルとURLをコピーしました