手鬼(ておに)の声優が鳥肌ものです!「にいちゃ~ん」【鬼滅の刃(きめつの刃)】

手鬼(ておに)は、鬼化前は夜に独りでいることを怖がり、兄に手をつないでいてほしいと願う無垢な少年でした。しかし鬼になり大好きな兄を喰い殺してしまったことを鬼化したばかりの頃は嘆いていたが、鬼化が進むにつれて忘れていきます。鬼化後は手をつなぐ相手のいない寂しさを埋めようとして大量の手を生やし人を殺(あや)めていく。なんだか虚しいですね^^;今回はそんな寂しがりやな鬼である手鬼(ておに)について見てみました。

手鬼(ておに)ってどんな鬼?声優さんの声が上手すぎる!【鬼滅の刃(きめつの刃)】

手鬼(ておに)は、鬼殺隊に入隊するための試験である『最終選別』が行われる藤襲山(ふじかさねやま)に、長年閉じ込められていた鬼の内の1人です。

見た目は、巨大な体躯に複数の太い腕がついた奇怪な姿をした鬼です。

手鬼(ておに)は、47年前に当時鬼殺隊の隊士だった鱗滝左近次によって捕らえられましたが、逃げ出すことのできない藤の花の牢獄の中で『最終選別』に参加した者達を喰らっていました。

これまでにおよそ50人の鬼殺隊候補生を喰らっていて、その内の13人は錆兎や真菰を含む鱗滝左近次の弟子です。

これは手鬼(ておに)の、鱗滝左近次への強い恨みからわざと弟子を狙っていたようですね。

鱗滝左近次は、お守りのつもりで狐の面「厄除の面」を弟子たちに渡していたのですが、かえってそれが目印になってしまっていて弟子たちは手鬼(ておに)に狙われて喰われていました。

今回も鬼殺隊候補生を襲っていたところ、竈門炭治郎と遭遇します。

そしてその面から、鱗滝左近次の弟子だと気づいて狙いを定めます。

手鬼(ておに)は、今までの鱗滝左近次の弟子に対してやってきたことと同じように、鱗滝左近次の弟子を狙って喰った事やどんな風に殺して喰ったかを伝えて冷静さを失わせるように仕向けていきます。

炭治郎は、真菰の殺され方を聞いて、一瞬動揺しますがすぐに気を取り直します。

そして手鬼(ておに)は、何本もの腕での攻撃で炭治郎を空中へ追い詰めます。

しかし、炭治郎の頭突きの反動で体勢を捻った瞬間に懐へ飛び込まれてしまいました。

そこで頚の硬さを利用して刃を弾いた隙に炭治郎を狙おうと目論むも、水の呼吸を会得している炭治郎の全集中の一刀により頚を斬られてしまいました。

手鬼(ておに)は、炭治郎の手によって討たれた初めての鬼です。

手鬼(ておに)の散り際に在りし日の、人としての記憶が蘇ります。

鬼として鱗滝左近次と出会った時の記憶、大好きだった兄を食べてしまった記憶、人だった頃の兄との懐かしい思い出等。。。

手鬼(ておに)の声優さんの、その時の状況に合わせたセリフの言い方や声のトーンの出し方が、なんとも絶妙で涙を誘います。

そんな手鬼(ておに)の声優さんは、一体どんな人なのか気になったのでリサーチしてみました。

こちらが簡単なプロフィールになります。

名前
  子安武人(こやすたけひと) 

誕生日
1967年5月5日
星座
おうし座
出身地
神奈川県横浜市神奈川区
血液型
  A型

のようですね^^

手鬼(ておに)ってどんな鬼?他の声優さんの評価は?【鬼滅の刃(きめつの刃)】

2019年4月より放送中の【鬼滅の刃】の魅力や最新情報を伝えるラジオ番組『鬼滅ラヂヲ』で竈門炭治郎の声優の花江夏樹と、我妻善逸の声優の下野紘が【鬼滅の刃】のこれまでの放送を振り返りました。

そこで、子安武人が演じる手鬼(ておに)について、「思い出しただけで鳥肌が立った」と盛り上がったそうです。

第5話の中で手鬼(ておに)も話題に上り、花江は、「手鬼(ておに)がまだ人間だった頃の回想が入るんですけど、ここがめちゃくちゃいいんですよね! ここの炭治郎の何とも言えない表情というか……」と熱く語りました。

下野も「炭治郎はすごいって思うのは、そこだよね。倒した鬼に対しても、可哀想だって思いを抱けるのがすごい」と。

また花江は、「鬼も元は人間だったと分かった上で、禰豆子に重ねている部分もたぶんあると思う」と炭治郎の感情に思いを馳せていた。

さらに花江と下野は、手鬼の腕がいっぱい生えた独特の体は、人間の頃の記憶が影響しているんじゃないかと推察する。

手鬼(ておに)との戦いを語り合い、下野は、「それまで手鬼(ておに)が悪かったよ。でも本当に可哀想だなと思っちゃった」と言う。

また、花江は、「鬼側にもドラマがあるのが、すごくいいですよね。ここの子安さんのお芝居も本当に好き! 最期の『あれ、兄ちゃんって誰だっけ』っていうセリフの落とし方!」と手鬼(ておに)を演じた子安を称賛した。

下野も「急に今までと全然違う雰囲気になるのがいいんだよ!」と同感だった。

下野は「思い出しただけで鳥肌が立った」と。

花江は「泣きそうよ」と、それぞれ思いを語っていた。

手鬼(ておに)ってどんな鬼?年号が変わったのも知らなかった!【鬼滅の刃(きめつの刃)】

手鬼が捕らえられている間に明治から大正に年号が変わっていることを知り激昂する場面から『年号鬼』との異名を持っています。

たまたまですが、アニメ『鬼滅の刃』で手鬼が登場する回が放送されるタイミングでリアルに年号が平成から令和に変わったので、タイムリーなシーンとなりましたね。

それと、よく観ていると、手鬼は「また」と言っています。

これはストーリー内で手鬼(ておに)も言っていたように、藤襲山(ふじかさねやま)に封印された47年前は年号は明治ではなく慶応であり、その後明治の時代に誰かに年号を聞いたと考えられますね。

「たかが年号でしょ^^;」と思いましたか?

時代の移り目を知らされることもなく、無意味に時間だけが流れるということは大きな疎外感を感じると思いますよ!

手鬼(ておに)ってどんな鬼?人間時代はどうだったの?【鬼滅の刃(きめつの刃)】

兄に手をつないでもらっていた頃の遠い日の記憶を走馬灯に見ながら、消えゆく手鬼(ておに)。

手鬼(ておに)が纏う悲しい匂いに炭治郎は、燃えカスのようになって徐々に消えてゆく手鬼(ておに)の手を取り、次に転生する時はにならないようにと祈ってます。

大好きだった兄に手をつないでほしかった手鬼(ておに)の思いが、いくつもの腕を作り上げているのかな?と考えられますね。

鱗滝左近次が可愛がって育てた弟子を何人も喰って肥大した手鬼(ておに)。

憎らしいけど悲しい鬼でした。。。

 

しかし手鬼(ておに)と兄は、炭治郎兄妹と状況が重なる部分がありますね。

禰豆子が鬼になったばかりの時は、手鬼(ておに)と同じようになってしまう可能性も大いにありましたよね。

だから炭治郎はなんだか他人事に思えなくて、手鬼(ておに)の為に祈ったのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました