ねずこ(禰豆子)の小さい頃と身長が小さくなる時を見てみました!【鬼滅の刃(きめつの刃)】

【鬼滅の刃(きめつの刃)】のヒロイン的存在で、主人公である炭治郎の妹です。
見た目は、長い髪の数か所を部分的に結んで額を出した可愛い顔、服装は麻の葉文様の着物に市松柄の帯を締めた少女です。鬼舞辻無惨に襲われる前は、家族と共に貧しいながらも幸せな生活をしていたが、唐突に訪れた災厄により鬼となってしまいます。しかし人間を喰らう鬼としての宿命に抗い、兄と共に人間を守りながら、自らも人間へと戻るための旅路に兄と共に踏み出します。今回はそんなねずこ(禰豆子)の小さい頃と身長が小さくなる時にスポットを当てて見てみました。

ねずこ(禰豆子)の小さい頃はどんな子だった?【鬼滅の刃(きめつの刃)】

ねずこ(禰豆子)は、竈門家六人兄妹の第2子で長女として生まれました。

小さい頃は兄の炭治郎が、父が元旦に一晩中踊る『ヒノカミ神楽』の舞を真似て踊るのに合わせて、でんでん太鼓を鳴らしている可愛い子でしたね^^

 

また、母の畑仕事についていくねずこ(禰豆子)は、兄の炭治郎の目が赤いことに対する疑問を子どもらしい思いで母に伝えていますね。

これも小さいねずこ(禰豆子)らしくて可愛いです^^

そして、それを優しい笑顔で受け止めている母の葵枝(きえ)の表情もなんとも言えずいい感じです。

そしてねずこ(禰豆子)は大きくなってくると、家族思いで弟や妹の面倒をよくみる優しいお姉さんになってます。

末っ子の六太は、家の中ばかりいるとぐずって騒ぐからと、ねずこ(禰豆子)がおぶって外を散歩していますね。

行商に赴く兄の炭治郎を、見送るねずこ(禰豆子)の表情はすごく大人びて落ち着いたお姉さんです。

その直後に鬼舞辻無惨に鬼にされて、精神面が幼児化するようには見えません。

ねずこ(禰豆子)は本当に優しいお姉さんだから、六太はこんなになついているんでしょうね。

そして、ねずこ(禰豆子)は町でも評判の美少女でもありました。

この時点では父の炭十郎は病に侵されていたので、痩せて目の下には隈が出来ていたとは言え、若く健康な時は随分と美男子だったことが覗えます。

母の葵枝(きえ)もねずこ(禰豆子)そっくりの美人です。
おそらく母の葵枝(きえ)の若い時はねずこ(禰豆子)そっくりだったのでは?と想像出来ます。

ねずこ(禰豆子)の容姿の美しさは、炭治郎の同期隊士の我妻善逸の目には輝いて映るほどでした。

まぁ善逸は女性には見境がない程の女好きですが、ねずこ(禰豆子)に対しては少し違う様子に見えました。

ちなみに、ねずこ(禰豆子)の生前(鬼化前)の理想の男性像は『飛車のような人』(※飛車:縦横に何マスも動け、敵陣では竜王になる)だそうです。

善逸は、鬼殺隊入隊前後こそ『へたれ』でどうしようもない感が有りました(しかし眠っている時は本来の強さを発揮)。

しかし幾多の試練を乗り超えることで、徐々に心も体も鍛えられていき、起きている時も強く戦えるようになってきました。

少しずつ、ねずこ(禰豆子)の理想になってきましたかね^^;

 

ただ気になるところは、ねずこ(禰豆子)は優しいだけではなく、兄に似て我が身を省みないという直情的な面もあるみたいです。

ねずこ(禰豆子)の弟の竹雄の語りでは、昔、小さい子にぶつかって怪我をさせたガラの悪い大人に対し、「謝ってください」と怒って言ったことがあるそうです。

その時に竹雄は、「人のために怒る人は 自分の身を省みない所があるから そのせいでいつか 大切なものを失くしてしまいそうだから怖いよ」と言っています。

そんな正義感の強い所が、炭治郎とねずこ(禰豆子)の良い所でもありますけどね。

ねずこ(禰豆子)が小さくなるのはどんな時?【鬼滅の刃(きめつの刃)】

鬼になったねずこ(禰豆子)は、人間でなくなった悲しみは有りますが、身体が欠損してもすぐに再生出来て簡単に死なない頑丈な肉体を得ることが出来、その上高い身体能力も得て、兄の炭治郎や鬼殺隊を助けるべく活躍していきます。

鬼化したことで出来るようになった便利な技の一つに、意図的に体を小さくして敵をすり抜けたり、すばしっこく動くことも可能になりました。

兄の炭治郎が、ねずこ(禰豆子)を背負って移動する為に作った籠のサイズが小さくてねずこ(禰豆子)の全身が入りきれなかった時のことです。

ねずこ(禰豆子)が鬼になったばかりで飢餓から炭治郎を襲おうとした時に、体が大きくなったことを思い出して、それならば小さくもなれるだろうと考えて、ねずこ(禰豆子)に小さくなるように提案しました。

ねずこ(禰豆子)はそれに応えて、籠に丁度いいサイズに小さくなりましたね。

また、那田蜘蛛山でねずこ(禰豆子)のことを鬼だと察知した栗花落カナヲがねずこ(禰豆子)をやっつけようと追いかけて刀を振るいます。

切られかけたねずこ(禰豆子)は、とっさに小さくなって難を逃れて逃げていきます。

この姿も、なんとも言えず可愛いですね^^

栗花落カナヲがあっけに取られて見てますね^^;

ねずこ(禰豆子)!がんばって逃げてね~!!

タイトルとURLをコピーしました