【鬼滅の刃】16巻のネタバレです!しのぶと珠世さんはどうなる?

鬼滅の刃の16巻の表紙は、鬼殺隊の当主である産屋敷耀哉とその妻であるあまねの優しい表情が何とも言えずいい表情ですね。この巻からは、さらに展開があり物語が動き始めます。半天狗との激闘が収束しましたが、ここからの戦いはそれを超える盛り上がりと激しさを見せてくれます。
思いっきりネタバレですから注意してくださいね^^

【鬼滅の刃】16巻のネタバレを紹介!

【鬼滅の刃】16巻 悲鳴嶼の柱稽古!困難を乗り越えろ!

悲鳴嶼行冥の柱稽古の訓練は、足腰強化に特化して編み出された内容で、それは滝修行や丸太を3本担いで巨岩を1町先まで押して運ぶ、という内容だった。

滝修行と丸太担ぎの修行はなんとか完遂できたが、身長以上の巨岩を押し運ぶことが難しい炭治郎。

そんな炭治郎に玄弥が、現代のスポーツでよく使われているルーティーンワークのようなものをアドバイスしてくれ、集中を極限まで高められるように持って行かせてくれた。

炭治郎は、“大切な人の顔を思い出し、煉獄杏寿郎の「心を燃やせ」という言葉を思い出す”という独自のルーティンワークで岩を押すことに成功する。

そして炭治郎は悲鳴嶼行冥からも認められて、無事岩柱の柱稽古を終える。

【鬼滅の刃】16巻 鬼舞辻無惨が産屋敷家を襲撃!

鬼殺隊員たちが柱稽古をしている最中に、鬼舞辻無惨が産屋敷家に足を踏み入れる。

しかし産屋敷耀哉は特に驚き抵抗する訳でもなく、普段と同じような口調で「君と私は同じ血筋なんだよ」といった会話を始める。

そして「君が死ねば全ての鬼が滅ぶんだろう?

私が死ねば今まで以上に鬼殺隊の士気が上がる」という言葉を最期に覚悟を決める産屋敷耀哉。

そしてなんと次の瞬間、彼は妻と2人の子ども共々屋敷を爆破する。

 

そして珠世さんが鬼舞辻無惨の体内に、鬼を人間に戻す薬を入れ、悲鳴嶼行冥も鉄球で彼の頭を破壊する。

しかし再生を繰り返す鬼舞辻無惨。

どうやら彼は首を斬っても死ぬことはなく、彼を殺せるのは日の光のみのようだ。

日の出まで長期戦を覚悟した柱たちと炭治郎だが、彼らが無惨への一撃を繰り出すタイミングで突然足元に扉が出現し、そこにみんなバラバラと落ちていってしまう。

 

そして彼らは、ここから鳴女が作り出した異空間・無限城の中で鬼たちと戦っていく。

【鬼滅の刃】16巻 上弦の弐・童磨 対蟲柱・胡蝶しのぶ

無限城の中で一番最初に上弦の鬼と会ったのは、蟲柱の胡蝶しのぶだった。

相手は上弦の弐である童磨。

胡蝶しのぶの姉を殺した鬼だった。

童磨の武器は対の鉄扇で、血鬼術で凍った血を霧状にして扇で散布する。

そもそも呼吸すること自体に危険が伴う強力な技である。

そして、胡蝶しのぶは毒刃での超高速の突きで、童磨を殺そうとするのだが、その毒をどんどん分解されていき有効打とはならなかった。

ついに胡蝶しのぶは、肺やあばら骨を斬られる致命傷を受ける。

そこに現れた姉に鼓舞されて、再び立ち上がるしのぶ。

最後の力を振り絞って、超高速と低い姿勢からのひと突きを童磨の首に決めた。

【鬼滅の刃】16巻のまとめ

今回は鬼舞辻無惨を仕留めることはできませんでしたが、鬼殺隊隊員が一致団結で力を合わせれば鬼舞辻無惨を倒せそうですね。

そして無限城に閉じ込められたことで、上弦の鬼たちと柱や炭治郎たちとの激闘が始まります。

これから更に見逃せない展開が待ち受けていることは想像に難くないですね。

次巻以降が更に楽しみです!

【鬼滅の刃】17巻の発売日はいつ?

【鬼滅の刃】17巻は2019年10月4日に発売のようです。

【鬼滅の刃】16巻購入者の感想をいくつかご紹介します!

こんなに読み進めていくほど面白くなる話は珍しい。たんじろうの優しさが人殺しの鬼をも癒す。どんどん何度も読み返したくなる作品だ。時間をかけて読んでいる。主人公以外のキャラも素敵。 ただ一つ残念なことは好きなキャラなのにどんどん死んでいく事。おねがい、助けてあげてほしい!
全員キャラが立っており、展開が早く進んでテンポがあり読みやすい。想いを繋ぎながら最後は無惨を倒すのだろうな。個人的には上弦の壱の鬼が1番可哀そうであり、何故鬼になったのかを考えてしまう。炭治郎と同じ日の呼吸を扱う祖先だろうか?
鬼滅の刃って、全体の展開が速く進んでいくし、修行はするんだけど省略モード。ところどころ挟んでいるギャグも面白いと感じる。絵は綺麗だが作品に合わせて個性的だね。
産屋敷に無惨が現れ、柱など強い人達がいないので、今向かってるんだが間に合いそうにない。このまま無惨に殺されてしまうのかと覚悟したら。まさかの展開が・・・。その後駆けつけた柱達は無惨によって分断されそれぞれ鬼と戦っていく。この後、嫌な予感がするんだけどこれ以上は想像すると泣きそうになる。
稽古終わったらすぐに鬼舞辻と御館様の対峙で最終決戦開始。敵味方共に戦力が残り少ないので対峙しつつ、鬼舞辻戦後に新章でも残しているのか?御館の死期を悟った故の無惨を仕留めんとする姿勢は誰より穏やか、かつ覚悟が見えた。後継者も既にいるし、鬼殺隊は隊員は駒の様に入れ替わるけど、その駒を大事にして、自分も駒として働くという美学?に心酔。
人間に戻る薬が完成する。鬼舞辻に奪われる前にこの薬を禰豆子に投与出来たら・・。それとも人間に戻れても喰らえば効力は引き継がれるか?そして禰豆子にこの薬は効くのか?愈史郎は禰豆子の元にいるか?
妻子もろとも爆薬で吹き飛ばすの、お館様それはちょっとどうかと思ってしまった。妻子に事前に話して了承済みだったのかな?そこらへんも入れてほしい。
修行の現場から始まる。産屋敷の家が鬼舞辻に襲撃される。屋敷の子供は三つ子かなぁ。あと一人は?善逸はどうしちゃったの?
本当に展開が面白いし、キャラの表情が1つずつ良く描かれている。アニメは作画が良いが、原作はキャラクターの表情やテンポが面白くていい。 炭治郎の誠実さに惹かれた。
転換期の始まりかな、と思われる現時点でのスタート。 主要メンバーが総動員される混戦スタートの後半戦と、笑いメインの前半との落差が鬼滅の刃の魅力だな。 「いつ死闘が始まるか分からない」ってのがリアルで世界観を表現している。上手だよなぁ。
タイトルとURLをコピーしました